top of page

払いすぎていない??高齢者のライフスタイルに合わせたWifiサービスとは?

高齢者の皆様にとっても、インターネットは今や生活必需品の一つです。しかし、ご自身が利用しているWifiサービスが実際に必要なものであるかどうか、そして最適な契約内容になっているかどうかを確認することが重要です。今回の記事では、そんな高齢者の皆様に向けて、Wifiサービスの契約内容を見直すことの必要性と方法についてご紹介します。


まずは、自分が実際に必要とする通信速度や料金プランに合わせたWifiサービスを選ぶことが大切です。下記の質問が「はい」となる方はおそらく最適な契約内容になっているので見直す必要はございません。


①オンラインゲームや配信をするために光回線を契約していますか?

②月額4,000円以下がご自宅のWifiサービスにかかる費用ですか?

③2世帯住宅でありインターネットを利用する人が多いですか?

④マンションで光回線を契約していますか?


「いいえ」の回答があった方、質問内容がよくわからなかった方はWifiサービスの中でも「ホームルーター」をおすすめしています。月額4,000円ほどのサービスが多く、光回線と比較して月額1,000円ほど安いことが多いです。インターネットでの検索や動画視聴などであれば十分な通信速度が得られるため品質も問題ございません。(オンラインゲームをする場合は光回線をおすすめします。)。光回線に必要な開通工事は必要なく送られてきた機械をコンセントにさすだけで簡単に利用開始できる点もポイントです。

ドコモの「 home 5G」、ソフトバンクの「モバレコエアー」、UQモバイルのBroad WiMAX(au回線とセット割あり)が代表的なホームルーターのサービスになりますが、実際にどの会社と契約を結ぶかについてはセット割が対象となるものがいいでしょう。


また、Wifiサービスの契約を見直す際には解約手続きに伴う違約金が発生することがありますが、他社に乗り換える際には解約違約金を負担してくれるサービスが多いので気軽に見直しをするのがいいでしょう。Wifiサービスの契約内容を見直すことで、より適切なプランを選び、自分に合ったインターネットライフを手に入れることができます。特に高齢者の場合は、インターネットを利用する機会が増えていることから、見直しの機会を逃さずに、快適なインターネットライフを実現していきましょう。


※Wifiサービスに持ち運びができるポケットWifiもございます。外出先での利用には便利ですが、データ容量に制限があることが多く、映画やドラマの視聴やオンラインゲームなどの大量のデータ通信には向かない場合があります。また、アレクサやグーグルホームなどのスマートスピーカーなどの接続にも不便さがあり、利用に制限があることが多いです。そのため、高齢者の皆様がご利用するのは推奨しません。

Comments


bottom of page